マンガスクール・はまのマンガ倶楽部

漫画家の私がマンガスクールを立ち上げたワケ

マンガスクール・はまのマンガ倶楽部・TOPイラスト
マンガスクール・はまのマンガ倶楽部

マンガスクールや専門学校に通うって大変…?

 

初めまして。マンガスクール「はまのマンガ倶楽部」の代表、はまのらまです。

メジャーの有名作家というわけではないので、ほとんどの方が私のことをご存知ないでしょう。

しかしこれでも、かれこれ32年の間、プロとしてやってきたれっきとしたプロの漫画家です。

一方で、某大手専門学校で20年、マンガ講師としても1000人以上の生徒にマンガを教えてきました。

 

そんな私が、自分でマンガスクールを開講したのには理由があります。

何故始めたのか、何故オンラインなのか。そこのところをまず、お伝えしたいと思います。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 20年前、私はマンガ作家としての経験を買われ、某大手専門学校のマンガコースの立ち上げ時の非常勤講師に誘われました。

スキルにはそこそこの自信があり、漠然と人に何かを教えることに興味を持っていた私は、その話を引き受けました。私の講師経験の始まりです。

 

講師をやり始めてしばらくして、いくつか気になってきたことがあります。

マンガを学ぼうとして来る生徒たちの「負担」の大きさです。

 

マンガコースを持つ大手専門学校やマンガスクールは概して都心部に多く多くの生徒はそこに通うためにわざわざ遠くからやってきます。

近県の生徒はなんとか通うことができますが、地方在住の生徒の場合、学校の近くまで移ってくることになります。

当然、住むところを確保するためのアパート代や寮費、加えて日々の食費などの生活費まで負担することになります。

肝心の入学金や授業料、教材費などの諸経費なども含めると、負担額はバカにならないものになります。

それらの費用を 実際に負担しているのは、生徒さんたちの親御さんだったり、バイトなどで自らその負担を背負う生徒も少なからずいます。

 

マンガを学ぶのに、ここまでお金をかけないといけないのか

実際に学ぶ大変さはともかく、金銭的なこの大きな負担にはちょっと驚きます。 これでは、本気でマンガを学びたいのに学費の余裕が無い家の人や、地方から出て来くることができない人は、学びたくても学べない場合も少なくないはずです。

 

もっと費用を抑えても、本当にマンガを学びたいマンガ志望者に、本当に必要なメソッドを効率よく伝えるやり方があるんじゃないのか。

 そういったことを考えてきたことがオンラインでのマンガスクールを立ち上げるきっかけになったのです。

 

高い授業料も、入学金も諸経費を払う必要もない。

自分の家から遠く離れた学校に通う必要もないから通学費も時間時間もかからない。自宅にいながら学べるオンラインによる実践的マンガスクール。

これなら、受講者にかかる負担はずっと少なくて済むはずです。

 

世界中にいる(最近では留学生も多いので。ただ私自身は日本語しかできませんが)悩めるマンガ志望者を、私の32年のマンガ家経験値と、専門学校講師20年の経験値を活かして手助けしたい。

 それがマンガスクール・はまのマンガ倶楽部のメインコンセプトなのです。 

 

次のコラムではどうすれば漫画家になれるのか」について伝えます。

はまのマンガ倶楽部
はまのマンガ倶楽部