漫画家になるには、まずどうすればいい?


どうすれば漫画家になれるのか~具体的に考える6つの方法

あなたが「マンガ家になりたい」、「マンガを描けるようになりたい」

そう思った時には、まずどうしたらいいと思います?

思いつくのは、次のようなことじゃないでしょうか。

 

*漫画家になるための6つの方法*

 

①マンガに関する「メソッド本」や「技法書」をたくさん

 購入して、作品を描くために勉強をする。

 

②マンガ専門学校やマンガスクールに入学して、

 描き方を教えてもらう。

 

③アシスタントに応募して、プロから直接学ぶ。

 

④自分なりにとにかく作品を描いて、マンガ賞などに

 応募する。

 

⑤自分の描いた作品を出版社やメディアに、採用されるよう

 何度も作品を持ち込む。

 

⑥Web投稿や同人誌制作で、編集者に見つけてもらう

 

 

この方法、どれも間違っていはいません。

ただあなたの選択と考え方次第では全く無駄になってしまう

場合もあるということに、気を付けて欲しいのです。

 

それはあなたが「マンガを描くということ」がどういうことなのか、

わかっているのかということです。

 マンガを描くとはどういうことか。それは

「描きたいと思う本人が実際に描くこと」

 

何を当たり前のことを偉そうに言っているんだ!バカにするな!

そう思いましたか?ところが、

その当たり前のことがわかっていないマンガ初心者が、実に多いんです。

当たり前のことがわからないままに間違った選択をして、

結局、マンガを描かなくなってしまう、そんなマンガ家志望者が

世の中にはうじゃうじゃいます。

 

マンガの習得に必要なのは、実は出来るだけ多くの「作品」を

こなしていくこと、それがなによりも重要です。

それでしか上達はないと言ってもいいくらいです。

英会話を学ぶ、楽器を弾く、スポーツをする、ゲームに勝つ、

恋愛をする・・・様々な「何か」を会得するためには、

結局は実際にその「何か」を繰り返し行い 、何度も何度も

失敗を重ねながらでしか、上達しないのと同じように。

 

次のコラムから、この

「マンガを描くということは、実際にマンガを描くこと」

という立ち位置で、

「漫画家になるための6つの方法」について

ひとつひとつ考えていきます。